ホームカラーとサロンカラーの違いって?

サロンカラーのメッリトのひとつは

薬剤の選択が出来るので髪を痛ませない事。

ふたつめは、髪、頭皮にダメージを与える刺激臭を残しにくい事。

ちょっと難しいのですが、

カラーをする際、1剤と2剤を組み合わせてお色をつくるのですが、

2剤の過酸化水素の濃度が高いとダメージに繋がります。

サロンには1〜6%のものがあり染めたいトーンによって使い分けができるんです!

に対してホームカラーの過酸化水素濃度は6%。

髪に必要以上の負担をかけてしまう事。

地毛の部分と既染部の髪に色ムラができやすい事。

デメリットと危険が多くあるんです。

もうひとつ、刺激臭に関して

カラーって独特の刺激臭が気になりますよね?

サロンのカラー剤には自然に蒸発するアンモニア水を使っています。

そのためにおいは感じるが髪に残りにくいメリットがあります。

逆にホームカラーはぬったときのにおいは少ないですが髪と頭皮に残りやすく

ダメージにつながりやすいんです。

サロンでカラーする最大のメリットは、色味のバリエーションです。

その人の肌色やイメージに合った色味を提案してもらえることです。

美容師さんは

ダメージケアをしながらより似合うカラーをより楽しく提案しています。

髪の毛部門のドクターみたいなものなのかな?

皆さんもカラーを一緒に楽しみながらして行きましょう☆